診察室での会話が外にもれないよう、中待合室は作りませんでした。

バリアーフリーはもとより、靴を履き替えずに移動できる設計ですので、

介助車を使用したままでもお入りになれます。

手摺・トイレにも工夫をし、車椅子・介護者同伴のままで使用でき、

中もとても明るく開放的な雰囲気にしました。

リハビリテーションのスペースは、庭の正面で日光が注ぐ院内最高の 場所を用意しました。





内視鏡(経鼻内視鏡)




TVをつけた電子内視鏡を用意しました。
当院では、内視鏡検査時の苦痛を軽減できるように「外の大きさが5.5mmの経鼻的に(鼻から)挿入できる内視鏡」を導入致しました。鼻から挿入しますので、よくオエッとなる咽頭反射はほとんど起きません。また、内視鏡そのものが細いので検査中の負担が軽いことも大きなメリットです。なお、検査中に会話ができるので医師へ質問することもできます。
この方法でオエッとくる不愉快な苦しい感じが減るのは大きな利点です。

内視鏡の大きさを比較した写真はこちら

「胃内視鏡(胃カメラ)検査は苦しい精密検査」「イヤー」と初めから決め付けないでください。

※お願い:いくら簡単でも「検査にきたよー」でホイホイできる検査ではありません。
検査日は毎週金曜日 午前中です。
内視鏡検査には一度、御来院ください。詳しい御説明をいたします。


診察室

イス・ベッド兼用の診察台で患者様は診察室に入ってからの移動は必要ありません。
リハビリテーション

当院では多種のリハビリテーション機器を用意しました。
庭に面した明るい部屋に設置しましたので、ぜひお試しください。


ドクターメドマー・全身複合温熱治療装置インブレス・SSP治療器・頚肩腕症候群治療装置メイプル・干渉波治療器


点滴治療室

リクライニングシートで点滴を受けられます。


トイレ

車椅子、介護者同伴のまま使用できる広くて明るい雰囲気です。




レントゲン検査・心電図(通常の安静時心電図/ホルター心電図※要予約/負荷心電図※要予約)・呼吸機能検査器・AED(自動対外式除細動器)・理学療法機器・電子スコープ(ビデオ内視鏡)・腹部超音波診断装置・径皮的酸素飽和度測定装置