ABC検診をご存知でしょうか?

これは胃ガンの出来やすさをピロリ菌(ヘリコバクターピロリともいいます)抗体検査と

ペプシノゲン検査を組み合わせて胃ガンの危険度を診断し、

異常がある場合効率的に精密検査(胃内視鏡)を勧める検診です。

検診の結果は以下のように分類されます。

A群 胃ガンのリスクは少ないと思われます。大抵は大丈夫ですが、念のため定期的に検査を受けることをお勧めします。
B群 わずかですが胃ガンの可能性があります。また、胃潰瘍にも注意が必要です。
3年に1度くらいのペースで胃カメラを受けたほうがいいでしょう。
C群 胃ガンができるかもしれません。2年に1度くらいのペースで胃カメラを受けることを推奨します。
D群 胃ガンができやすい体質と考えます。申し訳ありませんがなるだけ早く毎年 胃カメラを受けてください。

検査に関しては簡単な問診と採血だけで複雑な検査とかはないので気軽に来てください。 しかし、この検査は保険がききません。申し訳ありませんが自費で4500円支払うことになります。結果は院長自らお話しいたします。
それを踏まえ、今後の健康管理など具体的なアドバイスをして患者様一人ひとりのお役に立ちたいと考えております。まずは検診を受けに来てください。

ABC検診予約はこちら